八王子北口より徒歩4分 土日も夜19時まで診察 デイケアも行っております。

病気について

日常生活に困難をもたらすことがある認知機能障害

脳で判断する認知機能としては情報処理能力・記憶力・注意力・思考力・集中力・判断力・理解力・問題解決力などの高次能力(知的能力)などがあります。統合失調症は脳の神経伝達物質に異常が起こることで陽性症状や陰性症状を発症しているため、これら認知機能に対しても機能障害が起こっています。

日常生活の中で私たちは、特に意識せずにこの機能を発揮しています。そのため、この機能が障害されると日常生活が困難になってしまします。

認知機能障害 特徴

判断力低下

私たちは、朝起きて出かけるときの服はどうやってえらんでいるのでしょうか? およらく、その日の天気や気温、出かける目的など様々な要件にあわせて、選んでいると思います。このように、日常の何気ない行為であっても、状況を総合的に判断して、選択し、実施しているのです。統合失調症の認知機能障害が出てくると、このような何気ない判断も苦手になってきます。

集中力低下

私たちは、仕事・家事や勉強、また遊びも含めて集中力が必要な場面はたくさんあります。しかし、認知機能障害が出現すると、今まで通りに仕事ができなくなったり、勉強についていけなくなったりしてしまうこともあります。
また、人とのかかわりの中でも会話に集中できないなど、対人関係でもコミュニケーションがうまくいかず、トラブルの原因となってしまうこともあります。

記憶力低下

日常生活の中でも仕事でも、常に「物事を覚える」という場面は多くあります。記憶が出来るから、その上に積み上げていけることが、何度も何度も同じところでつまずいたりして、なかなか一人で物事をスムーズになれることが出来なくなっていきます。

抽象的な表現が苦手

比喩といった抽象的な表現を使ったり、理解したりするには
文の前後や、その場の状況を広く捉え、判断する能力が必要です。
しかし、認知機能障害により、これらの理解が難しくなります。
対人関係もぎこちないものになってしまったりします。

ページの先頭へ
診察時間
診察時間
原則予約制になっております。お気軽にお問い合わせ下さい
オアシスクリニック外観オアシスクリニック地図
八王子北口より徒歩4分
住所:東京都八王子市横山町4-3
  • 立川駅前オアシスメンタルクリニック
  • スタッフブログ
  • 症状について