八王子北口より徒歩4分 土日も夜19時まで診察 デイケアも行っております。

病気について

うつ病の治療は?

休養

うつ病の原因のところでも述べましたが、
色々な要因が重なり合い、蓄積して、こころも身体も疲れ果てている状態です。まずは十分な休養をとることは、うつ病の治療のどの段階でも重要になります。

しかし、もともと責任感が強く、まじめな性格の方が多いので、仕事や家事・育児など、自分から休みたい・解放されたいということを言ったり、実行したりすることは難しいことが多いです。休養ができない環境で、服薬だけに頼っても治療効果が十分に期待できないばかりか、経過が長くなってしまうことがあります。場合によっては休職することも必要になってきます。また、家庭内の家事・育児などを休もうと思っても、なかなか目の前にあることを「やれない」と言うことができず、休養ができないことがあります。そのような場合には、入院をして、しっかりと休養をすることも選択肢に入ってきます。

慣れ親しんだ家・家族と離れるという寂しさや不安はあると思いますが、抗うつ薬の効果があらわれて症状が安定してくるまでは、治療に専念する環境をつくることはとても大事です。

薬物療法

うつ病は、過度のストレス等により、脳内神経伝達物質のバランスがくずれることによりおこると考えられています。脳内の神経伝達物質には、神経細胞から神経細胞へ情報を伝達するという役割があります。気分や意欲、記憶などの情報伝達をコントロールしています。これらのバランスを整えるために抗うつ薬などの薬物がよく処方されます。

また、症状を改善するために抗不安薬や睡眠導入剤などもよく併用されます。
抗うつ薬には、様々な種類がありますので、患者さんの診察を通して薬を決定したり、調整したりしていきます。同じような症状でも、処方される薬はちがいますので、人からゆずり受けた薬は絶対に飲まないで、きちんと診察を受けて自分のために処方された薬を飲んでください。また、憂うつな気分に効果があると言われているサプリメントや健康補助食品などを摂っている場合は、必ず主治医に伝えてください。相互作用がある場合があります。

薬を服用する場合の注意点

抗うつ薬の効果はすぐには現れません。

抗うつ薬の効果は数週間(一般的には2~4週間)かかります。やっとの思いで受診して薬も飲んでいるのに効果を感じないと服用を中断したくなることもあります。

しかし、急に中断したりすると余計に調子をくずしたりする場合があります。薬を中断したい場合は必ず受診して医師の指示通りの減らし方をしてください。また受診をして処方された薬のことを納得されたら、あせらず治療を継続していってください。

また、服薬初期には、これまでのうつ病の症状とは違う症状が出てくる場合があります。例えば吐き気や眠気などはよくみられる副作用です。これらは、しばらくするとなくなっていきます。また、服薬初期や薬を増量した時に、イライラしたり、ソワソワしたりすることがあります。これらも一過性のものなので、このような症状がでたら主治医に相談してください。

症状の強弱に関わらず薬を増量する場合がありますが心配ありません。
抗うつ薬は、少量から開始して、少しずつ増量し、もっとも効果的な量で維持していきます。そのため、薬の量が増えてきたから自分の状態が悪くなっているのではないかと不安を抱く場合があるかもしれませんが、心配ありません。もし、心配だったら受診のときに主治医に尋ねてみてください。

症状がよくなっても勝手に薬を減らしたり中断したりしないでください。
今、症状がよくなったと感じたり、治ったと感じても、それはお薬の効果がでているからかもしれません。勝手に薬の量を減らしたり、飲まなくなってしまうと、症状が悪化したりする場合があります。

もし、勝手に減らしたり、中断した場合には、正直にこれまでの経過を主治医に話をしてください。うつ病の症状としての変化なのか、薬を減らしたり中断して出た症状なのかを見極めるために必要な情報となります。

スムーズな復帰をめざして

無理をせず、日常生活をととのえることから始めましょう・・・
例えば・・・

  • 朝おきたら、カーテンをあけてみる
  • 一日中、パジャマではなく、着替えをしてみる
  • できるだけ決まった時間に布団に入るようにする

などの、小さなことからととのえて行きましょう。

デイケア(リワークプログラム)の活用

ある程度、生活のリズムがついてきたら、仕事復帰にむけての
準備が必要になります。仕事に復帰する(家事・育児も含)には、
どのようなことが必要になるでしょうか?

  • 朝 決まった時間に起きられる
  • 決まった時間に布団に入り、できるだけ決まった時間に就寝できるよう工夫できる
  • 食事がおいしく食べられる
  • 食事の支度をするのに献立や支度などをスムーズにできる
  • 電車・バスなどに乗り、通勤できる
  • 勤務する時間の体力や集中力が持続する
  • 翌日に疲労を残さない
  • 効率よく仕事をこなせる
  • 職場・近所づきあいなど、人とのコミュニケーションが良好にできる
  • 困難なことや嫌なことに直面しても、ある程度は自分自身で解決できる
  • 自分自身の病気や性格をよく理解し、再発しないよう生活をととのえることができる
  • 自分で解決することができないことが起きたら、相談する人や場所、機関を知っている
  • 過大な依頼を受けた時に、「今の自分には難しい」ということを上手に相手に伝えることができる
  • 人と一緒に食事を楽しみながら摂ることができる
  • 時間や約束を守ることができる
  • 身だしなみなどを場所や時間などを考えて整えられる 
  • など等・・・

    健康なときには、難なくこなせている当たり前と思えることも
    回復期には、意識してこなしていかなければならないことがたくさん出てきます。一人で、これらのことを準備していくことはたいへんなことです。

ページの先頭へ
診察時間
診察時間
原則予約制になっております。お気軽にお問い合わせ下さい
オアシスクリニック外観オアシスクリニック地図
八王子北口より徒歩4分
住所:東京都八王子市横山町4-3
  • 立川駅前オアシスメンタルクリニック
  • スタッフブログ
  • 症状について